I'll say goodbye to you…ok?

だからこれから先もずっと サヨナラなんて言わない

作業所やめました

2月1日付で作業所辞めました。

 

数か月で半分以上の人がまともに通えなくなる作業所なんておかしいというのが最大の理由です。

 

私が休んでる間にも一人辞めたみたい。

 

理由は体調不良って聞いたけど、それもおかしい。それ以前に辞めた二人も体調不良って聞いた。

短期間で何人もの人が通えなくなるくらい体調不良になる作業所っておかしいと思います。

 

あの作業所に対して不信感しかないです。

 

私が入院したのも、あの作業所でのことが原因です。

正直入院費とか払ってほしい。

慰謝料も欲しいくらい。

 

そのうち書きたいけど、入院中だって辛かったです。

あの作業所に対して、損害倍書請求とかできないかなって本気で思ってます。

自己紹介その1

ちよまゆといいます。

千代丸関が好きで、名前にまゆが入るのでこの名前にしました。

 

去年まではA型作業所に通ってました。

11月下旬に職員からしばらく休めと言われたのをきっかけに12月から大学病院精神科に入院しました。

 

なんで休まなきゃいけないんだと思ってましたが、家にいるのも嫌だったので入院してました。

 

休めと言われたのは不本意でずっと恨みのように思ってました。

でも、退院する前の日、一旦荷物を置きに家に帰った時、10月か11月頃に自分で書いたメモを発見しました。

 

このままではそのうち通えなくなるくらいヘラり出す。

 

こう書いてありました。ヘラるとはメンがヘラるということです。

 

自分でそのうち通えなくなることを、わかっていたのです。これを見た瞬間、思わず泣きました。自分で分かっていたことも忘れずっと恨んでいたのだから。

 

A型作業所は利用者間では何の問題もなく、みんな適度な距離を保ちつつ仲良くしてたと思います。

 

問題はスタッフでした。このスタッフのせいで辞めていった人もいます。

詳しくは書けませんが、全員から嫌われ、この仕事をしている人間としてはありえないような人でした。

 

私もこのスタッフに耐えられませんでした。

 

結果、しばらく休めと言われる状況になりました。

薬もやめていたのに、わずかですが飲むことにもなりました。

 

 

その後の話や、それ以前の話はまた今度書きます。